加圧シャツとは、着るだけで加圧トレーニングのような効果が期待できるシャツです。体を引き締めたり、猫背を矯正したり嬉しい効果がたくさんあります。いろんなメーカーさんから発売されているので比較しました。

筋肉をつけたい

モチベーションが下がる前に見ておきたい、筋トレを持続する為の方法は?

投稿日:

30代をすぎてから筋トレを始める人も多く、決して珍しい事ではなくなりました。

けれど、筋トレは途中で挫折してしまう人も多い、為簡単な様で難しい印象も取られてしまいます。

しかし筋トレと言えど自分の方で少しやり方を変えるだけでモチベーションを持続させる事も出来ます。

そんなモチベーション維持方法を少し紹介していきましょう。

1「筋トレをしようと思った明確な動機を作る」

目標を決める

逞しい筋肉が欲しくて筋トレを始める人は多いですが筋肉を付けてどうしたいか?までは設定していない人も多いです。

  • ボディービルダーを目指したい
  • 異性からちやほやされたい
  • 体を鍛えて健康でいたい
  • 力仕事が多いから負けないような肉体が欲しい等

何かしらの理由を付けて始める人は多いですが中にはただ筋肉が欲しいだけで明確な理由はない為あやふやで宙ぶらりんとしてるのでこれと言ったゴールが見えない、そもそも無い状態。

言い方は悪いですがゴールを設定しない事で何時でも止めれる様逃げ道を作っていると言ってもいい状態です。

筋トレを始めるのであればまずは筋肉が必要になるだけの目標をしっかりと立ててから行いましょう。

2「道具を揃えれば良いと言う物ではない」

自重でも鍛えることはできる

筋トレと聞くとダンベルやベンチプレス、レッグカール等の道具が無いと出来ない印象がありますがそんな事はありません。

筋トレをやっていると道具に頼らず毎日の腕立て伏せや腹筋でも筋肉を付ける事は出来ますし道具がなくても水を満タンまで入れたペットボトル(指定はないが2000mlのが水調整し易いので理想的です。)を持ってダンベル代わりに使って大胸筋を鍛える事だって出来ます。

逆に幾らお金をかけて道具を用意したからと言って筋肉が付くわけではなく使い方が指定されたやり方とぜんぜん違うのでやれば筋肉は付きませんし継続して使わなければ筋肉もつかない。

酷い時には道具だけ揃えて満足してしまって筋トレを始める以前の問題で終了してしまう人もいました。

道具があれば筋肉は付きやすいですが揃えてれば絶対付くと言う訳では無いので付く付かないは使い手に関わってくる事を覚えておきましょう。

3「目標は身の丈に合った物から始める」

できることから始める

筋トレを途中で止めてしまう人の原因を見ると「自分が設定した目標が思いの外高く続けられるだけの意思が折れてしまった」、早い話が理想と現実のギャップで心が折れた状態になったのを見かけます。

言うだけなら簡単ですがやるとなると話は別、特に筋トレ経験はあるがあくまで片手で数える程度の初心~中堅辺りの人によく見られます。

筋トレには目標がいるとは言いましたがまずは握力の強化や筋力アップ等を「実現出来る範囲から始めていく」のもモチベーションを維持させる方法の1つです。

他人から見ると小さくてもまずはきっちりと目標をこなした後に一気に上げるのではなく、あくまで少しずつ大きくしていく方向で目標値を挙げていけば続けられやすいですし、数をこなしている分体も慣れて動きについていきやすいでしょう

筋トレを続けるにはこの3つのやり方がモチベーションを維持させるには最適と言えます。

もっとも言う通りにしても続けられるかは自分の根気にも関わってくるのでまずは無理の無い範囲内で始める事からのが良いでしょう。

-筋肉をつけたい

Copyright© 加圧シャツ総選挙2017!おすすめランキング|痩せる効果あるの?嘘の評判を暴露 , 2017 All Rights Reserved.