加圧シャツとは、着るだけで加圧トレーニングのような効果が期待できるシャツです。体を引き締めたり、猫背を矯正したり嬉しい効果がたくさんあります。いろんなメーカーさんから発売されているので比較しました。

筋肉をつけたい

下半身を強化するメリットとトレーニング方法

投稿日:

筋トレを続けている人の中でも、下半身のトレーニングは苦手という人は多いのはないでしょうか。

上半身の筋肉の方が効果がわかりやすく人に見せつけることができますし、下半身の筋トレは非常にきついものが多いので、上半身ばかりを鍛える人が後を絶ちません。

しかし、下半身の強化にはいくつものメリットがあります。

そこで、本記事では、下半身を強化するメリットと、トレーニング方法をご紹介します。

下半身の筋トレ

下半身を強化する3つのメリット

1つ目のメリットは、有酸素運動の必要が無くなることです。

全体の筋肉のうち、下半身は70%の筋肉が集まっています。

そのため、下半身のトレーニングをすれば、筋肉量が増加しやすいです。すると、基礎代謝が高くなっていきます。

基礎代謝が高くなれば、脂肪がつきにくい身体になりますので、有酸素運動に時間を割く必要が無くなります。

2つ目のメリットは、上半身のトレーニングに好影響を与えることです。

上半身のトレーニングでも、下半身の筋力を補助的に使っていることが多いです。

例えば、背中を鍛えるデッドリフトでは、ハムストリングもよく使われます。

ハムストリングが鍛えられていないと、重量を伸ばすことも出来ません。

上半身の筋肉だけを鍛えていては、そのうち伸び悩みますので、下半身のトレーニングも大切なのです。

3つ目のメリットは、バランスの良い身体を作ることができることです。

上半身だけを鍛えていると、貧弱な下半身になってしまいます。

ムキムキの上半身なのに貧弱な足になってしまうことをチキンレッグ(鶏の足)と呼ばれてバカにされています。

そんなアンバランスな身体にならないためにも、下半身のトレーニングは大事になってきます。

下半身を鍛える3つのトレーニング

下半身を鍛えるトレーニングはどれもきついものが多いです。

下半身のトレーニングをしない人の中には、膝や腰に不安を抱えていて避けているという人もいるでしょう。

そこで、下半身を鍛える代表的なトレーニングについて、ケガをしないような正しいやり方を知っておきましょう。

1つ目に紹介するのは、王道のトレーニングと言えるスクワットです。

足を肩幅に開いて、ゆっくりと腰を下ろしていきます。
その際、椅子に座る感覚で腰を下ろして、膝がつま先より前に出さないようにしましょう。

太ももが床と平行になるまで腰を下ろしたら、今度はゆっくりと腰を上げていきます。

腰を下ろすにしろ、上げるにしろ、腰に負担がかからないように背筋はまっすぐ伸ばしましょう。
視線を真っ直ぐ前にしておくと、背筋が伸びやすくなります。

2つ目に紹介するのは、フロントランジです。

背筋をまっすぐにして立った姿勢から片方の足を大きく前へ踏み出します。

踏み出した足を着地させたら、膝が90度になるまでゆっくりと腰を下ろしていきます。
踏み出した側の足で床を蹴って、元の姿勢に戻ります。

スクワットと同様、膝がつま先よりも前へ出ないようにしましょう。

3つ目に紹介するのは、カーフレイズです。

壁やテーブルに片手を添えた状態で片足立ちをします。
かかとを上げてつま先立ちになり、限界まで上げたらゆっくり下ろします。

下ろす際はかかとを床につけないようにして、繰り返しかかとを上げ下げしましょう。

特に注意点はありませんが、バランスを崩しやすいので周囲に気を付けましょう。

以上、下半身を強化するメリットとトレーニング方法をご紹介しました。

ぜひ参考にしていただいて、下半身を強化してください。

-筋肉をつけたい

Copyright© 加圧シャツおすすめランキング2017|「効果あり・効果ない」口コミ比較 , 2017 All Rights Reserved.