加圧シャツとは、着るだけで加圧トレーニングのような効果が期待できるシャツです。体を引き締めたり、猫背を矯正したり嬉しい効果がたくさんあります。いろんなメーカーさんから発売されているので比較しました。

筋肉をつけたい

目指せシックスパック!腹筋を効果的につける筋トレ方法とは

投稿日:

腹筋をつけたいと思っている男性は多いのではないでしょうか。

やはり脂肪がついたゆるんだお腹よりも、腹筋がついていてなおかつお腹が割れていると引き締まって見えますし、自分でもそんな体が理想的だと思っている男性に今回は効率よく腹筋をつける筋トレ方法について紹介したいと思います。

お腹まわりが気になる男性に是非、参考にして頂き、かっこよい体を手にいれてください。

腹筋を割る筋トレ

腹筋を鍛えるメリットってなに?

上での記載しましたが、まず1つ目のメリットは見た目がスマートに見えるということです。

これから夏に向けて薄着になると思いますが、そんなときに少しお腹が見えた時に腹筋がついているお腹であればかっこいいですよね。

2つ目のメリットとしては、腹筋は姿勢を整えてくれる筋肉ということです。

体幹筋とも言われている腹筋、この腹筋は体を支える筋肉でもあります。

そのため腹筋が弱くなってしまうと猫背の原因につながり、姿勢の悪化につながりますので、姿勢を正しくするためにも腹筋は必要な筋肉なんです。

3つ目に腰痛対策です。

腰痛は姿勢の悪さが原因で起こることが多いです。

そのため腹筋を鍛えておけば、腰痛を未然に防げます。

腹筋を鍛えておけば、腰回りをささえるコルセット替わりにもなりますので、ぜひ腰痛になりたくない男性は腹筋を鍛えておくことをおすすめします。

腹筋の鍛え方

ではこのように体を支えるために必要な筋肉では腹筋の鍛え方を紹介します。

まずは、腰に負担をかけずに腹筋を鍛える方法を教えます。

腰に負担をかけずに腹筋を鍛える「ドローイン」

このドローインという方法は、すでに腰が痛い人やあまり腰に負担をかけたくない人におすすめです。

また腹筋というのは、お腹の前部分についている筋肉の総称であり、表層にある筋肉と表層の筋肉の下にある深層の筋肉と2つの種類があります。

表層の筋肉を鍛えることで、お腹を割ることもできますが、深層の筋肉をつけると体の姿勢を整えてくれる効果があり、バランスのよい筋肉のつけ方ができます。

この方法はこの深層の筋肉を鍛えることができます。

方法としては、あおむけに寝てもらい、膝を立てます。

その状態だと腰が少し床から離れていると思いますが、その腰部分を床に付けるように下側に力をいれます。

そして力を入れた状態を5秒間数えて力を抜きます。

その繰り返しを10回行いそれを1セットとします。

力を5秒間入れているときに息を止めてしまうと血圧が上がってしまうので、力まないように注意してください。

また大切なのがその時に自分の腹筋を触ってみてください。

触ったときに固くなっていると、しっかりと腹筋に力が加わってるという証拠ですので、必ず腹筋を鍛えるときは自分でお腹を触るように意識してみましょう。

脇腹を鍛えるツイスティング・シットアップ

次の腹筋を鍛える方法としては、お腹の前側だけではなく腹筋は脇腹にもついています。

その筋肉も鍛えることで、前側の腹筋だけでなく全体的にバランスよく腹筋を鍛えることができます。

やり方は、あおむけで寝て膝を立てます。

腹筋をするように上体を起こすのですが、体を起こした時に左肘を右膝に当てるように体を捻じり、体を元に戻します。

そして今度は反対に右肘を左膝に当てるように体を捻じって元に戻します。

そうすることで脇腹についている腹筋も鍛えることができます。

2つの方法を試してみて、腰痛が出現したなどあった場合は中止してください。

また腰を始め、なんらかの疾患を抱えている方は事前に体操を行ってもよいかどうかを主治医に相談した上で行ってください。

まとめ

以上、腹筋をつけるメリットと腹筋をつける筋トレ方法を紹介しました。

初めからこの2つをやろうとすると、大変ですのでまずは1つから始めてみてください。

そして大切なのは一日にたくさん行うのではなく、長期間続けることが筋トレでは大切になってきます。

一気にやってしまうと筋肉に疲労が溜まってしまい悪循環になりますから、自分の体を相談をしながら無理をしないペースで続けてみてください。

-筋肉をつけたい

Copyright© 加圧シャツおすすめランキング2017|「効果あり・効果ない」口コミ比較 , 2017 All Rights Reserved.