加圧シャツとは、着るだけで加圧トレーニングのような効果が期待できるシャツです。体を引き締めたり、猫背を矯正したり嬉しい効果がたくさんあります。いろんなメーカーさんから発売されているので比較しました。

筋肉をつけたい

加圧で筋肉増強を加速させる!|加圧トレーニングのやり方と注意点

投稿日:

加圧トレーニングとは?

加圧トレーニング

ここ数年よく耳にするようになった「加圧トレーニング」。

本格的なトレーニングを行っている方からダイエット目的の女性まで幅広い層に人気があり、芸能人もSNSやブログで加圧トレーニングの様子を紹介している方がたくさんいますよね。

では、加圧トレーニングとは実際どのようなものなのでしょうか?

見たことがある方もいるかも知れませんが、加圧トレーニングでは結束バンドのようなもので腕や脚の付け根を縛り、その上でトレーニングを行っていきます。

なぜそのようなことをするのか。

そうして血流を制限することで、筋力トレーニングの効果を倍増することができるからです。

さらに、加圧効果によって筋肉増強効果が増すため、通常よりも少ない力でトレーニングを行っても十分な効果を得ることができます。

こうした理由から若い女性にも人気があるのですね。

負荷が軽いのでその分体への負担が少なく、今現在筋肉が衰え気味の方にもおすすめできます。

また、加圧トレーニングではトレーニング時間を短縮することもできるので、働き盛りのビジネスマンからも好評です。

では、血流を抑えることでなぜトレーニングの効果が倍増されるのでしょうか?

加圧トレーニングはなぜ効果的?

まず、筋肉が成長するメカニズムについてご説明しなければなりません。

筋肉は破壊と修復を繰り返してより強い物へと成長していきます。

そのためには一度筋肉を傷つける必要があるのですが、通常は負荷の大きいトレーニングによってわざと筋肉を傷めつけます。

しかし、それまでトレーニングを行ってこなかった方にとって、いきなり高負荷のトレーニングにチャレンジするのは挫折の原因にもなりかねません。

普通は少しずつ負荷を増やしていき筋肉の成長を待つのですが、加圧トレーニングはそうしたステップを踏まなくともトレーニングを高負荷で行ったのと同じような効果を得ることができるのです。

トレーニングによって筋肉に疲労が溜まると時間を置いて筋肉痛が起こります。

これは乳酸の働きによるものが大きいのですが、脚や腕の付け根を縛ることで血流を塞き止めると、この乳酸が行き場を失いどんどん蓄積されていきます。

すると通常よりも早く筋疲労が引き起こされ、高負荷でトレーニングを行ったのと同じような状態になります

つまり加圧トレーニングは、擬似的に高負荷のトレーニングを行ったのと同じ状態をつくることができるのです。

すると体内では成長ホルモンが大量に分泌されます。

この成長ホルモンが筋肉を修復し、より太く強い筋肉へと文字通り成長させてくれるのです。

加圧トレーニングのメリット

○トレーニング初心者でもはじめやすい

これまでご説明した通り、加圧トレーニングはそれまであまりトレーニング経験がない方でも、高負荷トレーニングと同等の結果を得ることができます。

実際の負荷は小さいので今現在の筋力に自信がない方でも安心してチャレンジできますし、短期間で大きな結果を得たい方にもおすすめです。

また、負担が少ない分怪我のリスクも少なく、足腰や関節を痛めてしまう心配もありません。

セット回数も少なく済むので1回あたりの負担が少なく、心理的ハードルもぐっと下がりますよね。

筋力トレーニングはなによりも「続けること」が大切なので、加圧トレーニングは初心者にこそ勧めたいトレーニング方法です。

○アンチエイジングにも効果的

前述の通り、加圧トレーニングでは筋肉の修復を急ぐために通常よりも多くの成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンというと身長や体重など見た目に分かりやすい「成長」のイメージが強くなりますが、実は筋肉の他にも肌や髪、骨といった身体の様々な部位を健やかに保つ働きがあります。

そのため成長ホルモンがたくさん分泌されると肌の新陳代謝が促進され、古い皮膚を新しいものへと生まれ変わらせる作用が促されます。

若いうちはこの生まれ変わりのサイクルがスムーズなのでいつまでも若々しい肌を保っていられるのですが、年齢を重ねるごとにシワやシミといった肌トラブルを引き起こしてしまいます。

女性だけでなく、男性もシワやシミがあると老けてしまうのでできれば阻止したいところ。

さらに成長ホルモンは脂肪の代謝にも大きく関わっているので、筋トレ効果と合わせて引き締まった肉体を目指すことができます。

余分な脂肪が落ちると顔周りもすっきりとして、リフトアップ効果も期待できます。

体型が引き締まるだけで、見る人にぐっと若い印象を与えることができますよ。

加圧トレーニングによって成長ホルモンが大量分泌されれば、このように見た目の年齢を引き下げいつまでも若々しい印象をキープすることができるのです。

○肩こりや腰痛、冷え性の解消効果も

加圧トレーニングでは血液の流れを一時的に塞き止め、その後一気に開放するので大量の血液が急激に体内を巡ることになります。

すると全身の血行が促進され、血行不良による様々な不調を改善することができるのです。

たとえば肩こりや腰痛、頭痛といったものから慢性的な冷え性まで。

冷えは万病のもとといって、体が冷えると免疫力が低下して病気のリスクを高めてしまいます。

特に筋力の衰えを感じている方は体温が低い傾向にあるので、筋力を増強するとともに血行を改善して健康促進にも役立てましょう。

加圧トレーニングを行う際の注意点

加圧トレーニング

○必ずトレーナーの指導の下行う

加圧トレーニングは優れた筋力増強効果や健康効果を発揮する一方、素人判断で行うと危険がつきまといます。

血流を塞き止めるということは、一時的ではありますが体の隅々にまで血液が届かなくなるということ。

特に循環器系には大きな負担がかかってしまいます。

循環器系の持病をお持ちの方はもちろんのこと、吐き気やめまい、しびれといった症状が現れた場合は即刻トレーニングを中止しましょう。

加圧トレーニングはやり方さえ間違わなければ非常にトレーニング効果の高い方法ですが、個人の体調や筋肉量に合わせて加圧時間を調整したり、トレーニングを組み立てるのは素人には難しいといえます。

また、我流では思ったようなトレーニング効果を得られない場合も多いので、必ずトレーナーやインストラクターの指導の下、安全な範囲でトレーニングに励みましょう。

○加圧トレーニングの頻度は週2、3回がベスト

加圧トレーニングはやればやるほど効果が現れるというものではなく、むしろ頻度が多いと体への負担が大きくなりすぎる場合があります。

私たちは日々呼吸によって体に酸素を取り込んでいますが、その際体内では「活性酸素」という物質が生成されます。

この活性酸素には細胞を老化させる作用があり、体に起こる様々な老化現象はこの活性酸素の働きによるものです。

加圧トレーニングは活性酸素を増加させるという説があり、あまり頻繁に行いすぎると肌や内臓の細胞を老化させるだけではなく、筋肉の成長にとっても良くありません

これらの理由から、加圧トレーニングは適切な範囲内、適切な頻度で行うことが何よりも大切です。

「早く筋肉を大きくしたい!」と急く気持ちは分かりますが、体を壊してしまったら元も子もありません。

そういった意味でも加圧トレーニングは当日の体調や本人の体力によって細かい調整を行う必要があります。

最近は加圧トレーニングを受けることのできる施設が増えてきていますので、はじめは必ず専門家のいる施設で行うように注意しましょう。

-筋肉をつけたい

Copyright© 加圧シャツ総選挙2017!おすすめランキング|痩せる効果あるの?嘘の評判を暴露 , 2017 All Rights Reserved.